被相続人が亡くなった時、その遺産を相続人が相続することになります。しかし、相続はプラスの財産だけとは限りません。借金などのマイナスの相続もすることになります。借金を相続するということは、その借金の返済を相続人がすることになるのです。
プラスの相続の方が多い時はそのまま相続してもいいかもしれませんが、マイナスの相続の方が多い場合はデメリットしかありません。そのような時に取られる手段が「相続放棄」です。

この記事では相続放棄の基本と、相続放棄のメリットデメリットは何があるのかを解説します。

相続放棄とは?単純承認、限定承認との違って何?

相続には3つ種類があります。

  • 被相続人の資産・負債の全てを相続する単純承認
  • 相続する資産を負債の弁済に充てて、残った分を相続する限定承認
  • 被相続人の残した資産・負債の一切を相続しない相続放棄

単純承認と限定承認は遺産を相続します。逆に遺産を一切相続しないのが相続放棄になります。

相続放棄はどういう場合にした方がいいのか

負債が資産を上回って相続する場合は相続放棄をした方がいいです。

遺産には資産もあれば、負債もあります。もしも仮に相続する資産が負債を上回っていれば、遺産を相続した方がいいでしょう。
しかし、必ずしも資産の方が多いとは限りません。場合によっては負債が資産を上回ることもあります。負債を相続すると言う事は相続人が借金を返さなくてはならないということです。デメリットしかありません。
こうした場合に相続放棄をすることで、負債の義務を負う必要が無くなります。したがって、多くの負債を負担する人は「相続放棄」をした方がいいです。

相続放棄のメリット・デメリットは?

まず最大のメリットは
被相続人の借金から解放される
です。

被相続人に借金があった場合、相続人間で法定相続分に従って、均等に相続します。
被相続人の状態をそのまま受け入れて引き継ぐので、借金の返済が滞っていたような場合、遅延損害金も一緒に引き継ぐことになるのです。

引き継いだ後は、債権者から返済を迫られることになってしまいます。それを相続放棄によって、被相続人の借金の返済を放棄する事が出来るのです。

それでは相続放棄のデメリットは何があるのでしょうか?

一番のデメリットは
すべての相続財産を手放すことになる
です。

例えば、被相続人が親だった場合、相続放棄をしたら同居していた家から退去しなくていけません。テレビや電化製品や車なども非相続人の所有物であれば勝手に持ち出すことはできません。
つまりプラスの財産も一切相続出来ないということになります。

あとは一度申請した場合やり直しが効かないということと、
下手に遺産をいじってしまったり(相続財産を処分する等)すると相続放棄が出来なってしまうなどのデメリットがあります。

デメリットを見ると躊躇してしまいそうですが、被相続人の所有物が一切相続出来ないわけでは無く、写真や古着等の一般的経済価額のない物に関しては形見分けとして受け取ることは可能です。

そして一番大事な注意点があります。相続放棄は手続きできる期間があるのです。
自身に相続があったことを知った日(被相続人が亡くなったと知った日)から3ヶ月以内に手続きをしなければなりません。これを熟考期間といいます。
この期間内に、相続放棄しなかった場合、単純承認といって相続を受け入れたものとみなされてしまいます。後になって相続放棄したいと思っても、手続きが認められなくなるケースもあるため注意しなければなりません。

まとめ

被相続人に借金があった場合、相続人は相続放棄を検討することになります。しかし相続放棄にはメリットだけでなくデメリットもあり、また、相続放棄をしたら取り消すことはできません。よく検討の上、相続放棄をすることをおすすめします。