借金をしてしまい、本当にどうしようもなくなってしまった時の最終手段。それが自己破産です。この記事では自己破産のメリット、デメリットについて解説していきます。

自己破産とは

自己破産とは、財産、収入が不足してしまい、借金返済の見込みがなくなり「支払不能」になった事を裁判所に認めてもらい、裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可決定」をもらうことで、全ての借金をゼロにすることができる手続きです。

借金があるといっても、何かしらの財産というものは持っているはずです。まず、その財産を処分してお金に換え、財産を現金化したものを債権者に順次配当していき、それでもなお借金が残ってしまった場合に、残りの借金を免除してもらう、これが自己破産と呼ばれるものです。

自己破産のメリット

  • 全ての債務の支払い義務の免除
  • 貸金業者からの取り立てが止まる
  • 手元に残せる財産もある
    • 全ての債務支払い義務の免除は特に大きなメリットです。貸金業者からの取り立てが止まることで、経済的にも精神的にも安心する事ができます。
      また、自己破産では財産が没収されることになりますが、自己破産の手続きが完了した後でも、生活するために必要な財産は没収すべき資産と見なされない範囲で財産を残すことができます。
      自己破産によって住む場所や今後の生活費も全て奪われてしまうということは誤解で、最低限生活していけるだけの財産は残すことができます。

      自己破産のデメリット

      では逆にデメリットの方は何があるかというと、

      信用情報(ブラックリスト)に載る

      信用情報機関に載ることで、クレジットカードを作ったり、借金をすることができなくなります。

      職業が制限されることがある

      職業の制限は、破産の手続きが始まると、免責許可の決定が確定するまでの間、以下の職業につくことができなくなります。

      • 弁護士、司法書士、税理士などの士業
      • 質屋、古物商
      • 生命保険外交員
      • 宅地建物取引主任者
      • 警備員

      免責が決まれば上記の職に復職することは可能です。

      財産が没収される

      自己破産すると、自身が保有する財産が清算されます。自宅や自動車といった高価な財産、その他、解約返戻金が20万円以上となる生命保険や学資保険なども対象になってしまうため、積み上げてきた財産が多くある方にとって、保有財産の清算は多大なデメリットです。

      資産と見なされる例としましては以下の物が挙げられます。

      • 現金にして99万円を超える場合
      • 預貯金残高が20万を超える場合
      • 不動産(ローン残高が2倍に満たない評価額の場合)
      • 退職金(見込み額が160万円を超えた場合)
      • 保険の解約返戻金が20万円を超える場合

      しかし先ほどメリットの方で解説したように、生活に必要な財産に関しては保有可能になりますので、生活に困る事はありません。

      まとめ

      自己破産と聞くと、何もかも失ってしまうようなマイナスのイメージが浮かんでしまいますが、実際にはそのような事はなく、自己破産は多重債務で生活に困ってしまった人が、新しく生活をスタートする為の制度です。
      自己破産に少しでも不安や疑問がある方は、弁護士・司法書士にご相談してみて下さい。