自己破産を検討している人にとって、自己破産をする事で、生活にどのような影響があるのかは大きな懸念点になるかと思います。
この記事では、実際にどのような影響がでるのかについてご紹介します。

自己破産とは

自己破産は、財産、収入が不足してしまい、借金返済の見込みがなくなり「支払不能」になった事を裁判所に認めてもらい、裁判所で手続きをする事で全ての借金をゼロにすることができます。
債務者の持っている財産を処分してお金に換え、財産を現金化したものを債権者に順次配当していき、それでもなお借金が残ってしまった場合に、残りの借金を免除してもらう、これが自己破産と呼ばれるものです。

自己破産が実生活に与える影響は?

家族に与える影響

自己破産が家族に与える影響は生活が少しだけ不自由になってしまう程度のものです。具体的には、

  • 子供の奨学金の保証人や連帯保証人になれない。
  • クレジットカードや自宅・自動車・のローンといった審査にも通るのが難しくなる。

などが挙げられます。

また、自己破産前に所有している、またはローン支払い中の自宅があった場合、手続きの中で清算されてしまうため、引っ越しをしなければなりません。
しかし、生活に必要な家電や家具は無くなりませんし、家に関しても完全に手放さないような事前対策もきちんとあります。
少し不自由する所もありますが、生活に困ってしまうような影響はあまり無いといえます。

しかし、家族が借金の保証人(連帯保証人)になっている場合は、家族に支払い義務が生じてしまうので、支払えない場合は保証人である家族も自己破産の手続きをしなくてはならない場合があります。

仕事に与える影響は?

自己破産をする事で仕事に与える影響は全くありません。
しかし職業によっては一時的に制限がつき、つくことが出来なくなってしまいます。
職業の制限は、破産の手続きが始まると、免責許可の決定が確定するまでの間、以下の職業につくことができなくなります。

  • 弁護士、司法書士、税理士などの士業
  • 質屋、古物商
  • 生命保険外交員
  • 宅地建物取引主任者
  • 警備員

免責が決まれば上記の職に復職することは可能ですのでご安心下さい。

子供へ与える影響は?

子供はクレジットカードを作ったりする事も可能ですし、就職や結婚に関しても親がカミングアウトしない限りは特に悪影響はないです。

子供の学資保険は、子供名義であったとしても、支払っているのは親となるので解約することになります。学資保険の解約金は、返済の一部に充てられます。
ですが、解約返戻金が20万円以下だった場合は手元に残すことが可能になります。

生活に与える影響は?

日常生活についても、新たに借り入れができないことやローンなどの制限を除けば、ほとんど影響はないといえます。
戸籍や住民票に記載されることも、選挙権がなくなってしまうといった心配もありません。
その他、引っ越しの際の入居審査に過去の自己破産が弊害になることもなければ、携帯電話も変わらず所有することができるのです。
ただ、高額商品や携帯電話を分割で買うことができませんので、購入したい時は一括購入になります。

まとめ

自己破産した以上、実生活に全く影響がない、一切制限がないというわけにはいきません。
しかし、少し不自由するくらいで、日常生活にはほとんど変化がないといっても過言ではありません。
それ以上に借金の支払い義務がなくなり、今まで返済に回していた資金を生活費などに充てられるので、良い変化のほうが多いといえます。どうしても自己破産と聞くと、マイナスイメージが大きく、不安になってしまいますが、現実にはそれほど心配する必要はありませんのでご安心下さい。